抗精神病薬に関する疑問を一括解決!

抗精神病薬に関する疑問をお持ちのあなたにおすすめの情報を取り揃えていきます。

© 抗精神病薬に関する疑問を一括解決! All rights reserved.

SIDEEFFECTSと書かれたボードを持つjosei

抗精神病薬の種類って?抗精神病薬には、どんな種類のお薬があるの?

抗精神病薬って何?

初めてその名を聞く方には、少し怖い印象があるかもしれません。この「抗精神病薬」についてご説明いたします。抗精神病薬とは、その名の通り精神病、つまり主には統合失調症を指すのですが、それを治療するお薬の総称です。

多くの種類があり、今なお新しいお薬が開発されていますが、どのお薬にも共通するのは、脳内の神経の伝達を調整する作用がある、という事で、一番主な作用は、神経伝達物質の一つ、ドパミンの作用を抑えることです。

以下、抗精神病薬の分類と、大まかな特徴をまとめてみました。

第一世代抗精神病薬

一番古い世代の抗精神病薬で、定型抗精神病薬とも呼ばれます。

  • フェノチアジン系(コントミン、レボトミン、ピーゼットシーなど)
  • ブチロフェノン系(セレネースなど)
  • ベンザミド系抗精神病薬(ドグマチール、グラマリールなど)

などに分けられます。

古いと言っても、今も良く使われているお薬で、ドパミンの作用だけでなく、セロトニンやアドレナリンなどの他の神経を抑える作用も持っています。

鎮静作用や催眠作用が強く、急性期の治療や、幻覚・興奮・不安感など(陽性症状)の強い方には向いていますが、その反面、眠気やふらつき、便秘といった副作用も強い傾向にあるので、服用には注意が必要です。

第二世代抗精神病薬
近年開発がすすんでいるお薬で、非定型抗精神病薬ともよばれます。

こちらも細かく分けると

  • セロトニン・ドパミン拮抗薬(リスパダール、ルーランなど)
  • クロザピンとその類似化合物(ジプレキサ、セロクエルなど)
  • ドパミン受容体アゴニスト(エビリファイなど)

に分類できます。

ドパミンをブロックするだけではなく、安定化させる働きであったり、これまでのお薬とは違った作用も持っています。それぞれに特徴があるのですが、感情鈍麻や認知機能障害(陰性症状)にある程度有効で、副作用が比較的少ないといった面があります。

その多様な効果を利用して、うつや認知症にも使用される事があります。毎日飲む飲み薬だけではなく、月に一度の注射で済むようなお薬もあります。

同じような作用を持っているようでも、細かい特徴はすべて違います。こころの病は、みんな症状が少しずつ違ってくるもの。

専門の医師としっかり話し合い、適切に使い分けましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

抗精神病薬とは一体なんですか?抗精神病薬とはドーパミンの働きを抑える効果のある治療薬

抗精神病薬という言葉は耳馴染みがない方も少なくないでしょう。名称から精神病に関する薬であるという事は想像がつくものの、詳しいところまではわか…

抗精神病薬で便秘になるの?どうしたら良い?

抗精神病薬の副作用の一つ、便秘について お薬は、効果だけではなく、副作用も色々とあわせ持っています。統合失調症などに使われる抗精神病薬も例…

抗精神薬の処方は医療保険適応ですがさらに負担を軽減する制度があります。

【相談】 最近精神的に不安定な状況が続いているので心療内科を受診して抗精神薬が処方されました。これをしばらくは飲み続けて、定期的に通院して…

ページ上部へ戻る