抗精神病薬に関する疑問を一括解決!

抗精神病薬に関する疑問をお持ちのあなたにおすすめの情報を取り揃えていきます。

© 抗精神病薬に関する疑問を一括解決! All rights reserved.

抗精神薬の処方は医療保険適応ですがさらに負担を軽減する制度があります。

【相談】

最近精神的に不安定な状況が続いているので心療内科を受診して抗精神薬が処方されました。これをしばらくは飲み続けて、定期的に通院してほしいというように言われましたが、医療費の負担が重くのしかかりそうです。このような精神疾患にかかっている人向けに医療費を補助してくれるような保険制度などはないでしょうか?

【アドバイス】

心療内科への通院はもちろん保険適応です。
心療内科に通院する場合は内科などと同じように、投薬治療に関しては公的な医療保険適応です。もちろん治療のために処方される薬に関しても、この保険が適応されます。負担については年齢や収入にもよりますが、だいたい3割という場合が多いです。

精神疾患の患者を支援するための制度があります。
しかしながら医師の指導ではこれから定期的に受診して投薬を必要とするということで、たとえ医療保険適応で受診して3割の負担で済むとしても全体的に医療費は高めになってしまい、今後かなりの負担になってきます。そのような精神疾患で通院する人向けに従来の医療保険制度とは別に自立支援医療制度といって、医療費の負担を1割にしてくれる制度があります。

申請は役所に行います。
自立支援医療制度の申請は、自分の住む役所で行います。申請してから受理されるまでに1か月から2か月ほどかかるので、早めに申請する必要があります。また申請には医師の診断書も必要とするので、それも合わせて用意する必要があります。申請が受理されて手元に受給者証が届けば、精神疾患に関する医療費は全て1割負担になります。

つまり保険制度の3割負担で受診するよりも負担が軽くなります。また1年ごとに更新があり、それも早めに行っておかなければまた通常の医療保険の3割負担で受診しなければいけない場合もあります。

適用されるのは指定された医療機関を受診した時のみです。
ただしこの自立支援医療制度は、予め受診する医療機関や薬を処方してもらう調剤薬局を決めておく必要があります。そしてその医療機関を受診した場合のみに医療費が1割になります。また指定した医療機関を受診しても、風邪など精神疾患とは関係のない疾患で受診した場合は自立支援医療制度の適応ではなく、医療費や処方薬は医療保険制度に基づいて3割負担になります。

精神疾患は初診から治癒までの期間が長くなる傾向にあり、患者にかかる金銭的な負担も重くなってしまうので、このような制度は十分に利用して安心して治療すべきです。

抗精神病薬をお探しの方はコチラ!
医薬品や海外サプリの個人輸入の『TOP』
■URL:http://www.ntp-k.org/

関連記事

コメントは利用できません。
SIDEEFFECTSと書かれたボードを持つjosei

抗精神病薬の種類って?抗精神病薬には、どんな種類のお薬があるの?

抗精神病薬って何? 初めてその名を聞く方には、少し怖い印象があるかもしれません。この「抗精神病薬」についてご説明いたします。抗精神病薬とは…

抗精神病薬とは一体なんですか?抗精神病薬とはドーパミンの働きを抑える効果のある治療薬

抗精神病薬という言葉は耳馴染みがない方も少なくないでしょう。名称から精神病に関する薬であるという事は想像がつくものの、詳しいところまではわか…

抗精神病薬で便秘になるの?どうしたら良い?

抗精神病薬の副作用の一つ、便秘について お薬は、効果だけではなく、副作用も色々とあわせ持っています。統合失調症などに使われる抗精神病薬も例…

ページ上部へ戻る