抗精神病薬に関する疑問を一括解決!

抗精神病薬に関する疑問をお持ちのあなたにおすすめの情報を取り揃えていきます。

© 抗精神病薬に関する疑問を一括解決! All rights reserved.

抗精神病薬で便秘になるの?どうしたら良い?

抗精神病薬の副作用の一つ、便秘について

お薬は、効果だけではなく、副作用も色々とあわせ持っています。統合失調症などに使われる抗精神病薬も例にもれず。今回は、そんな抗精神病薬の副作用の一つ、便秘について調べてみました。

「便秘」は良くある事だけど…

便秘は、体の不調のうちでも、ありふれた症状だと思います。特に女性では便秘がちな方も多いのではないでしょうか?一言で便秘と言っても、その原因は様々です。食事中の食物繊維の量が少なかったり、日頃の運動不足も便秘を引き起こします。ダイエットや便意の我慢もその原因です。

そして、お薬が原因で便秘になる事もあるのです。抗精神病薬も、まさにその「薬剤性便秘」を引き起こす原因になりうるのです。

なぜ抗精神病薬で便秘になるの?

抗精神病薬のデメリットとなる作用の一つ、抗コリン作用というものがあります。アセチルコリンという身体機能の調整役を担う物質があるのですが、このアセチルコリンの働きを抑えてしまう作用の事です。抗精神病薬は、この抗コリン作用を持ったお薬です。

アセチルコリンは、腸を動かして便通を良くする働きも持っているのですが、抗精神病薬を服用すると、この抗コリン作用により腸の動きを抑えてしまうことがあり、結果として、便秘を引き起こしてしまう事があるのです。

薬剤性便秘の対策は?

便秘の原因を取り除いていくことと、必要に応じて便秘薬を使っていきます。食事内容を見直しましょう。繊維質や水分を積極的に摂ることで、改善が見込まれます。運動不足の方は、無理のない範囲で体を動かしましょう。腹筋の筋力がアップして腸の運動が促進されます。

また、運動には自律神経の働きを整える効果もあり、この点からもいい影響が出るでしょう。下剤を処方されることもあるでしょう。下剤には複数の種類があります。なるべく体に無理のかからない優しいお薬から始めましょう。抗精神病薬の減量や中止、変更も視野に入ってきます。

しかしこれは必ず主治医に相談し、指示のもとで行いましょう。便秘も苦痛ですが、元のこころの症状を治すことが一番大事ですから。便秘は、抗精神病薬とは切っても切れない副作用の一つです。気にしすぎないことも良いかもしれません。便通は、実は毎日なくても構わないのです。

2~3日に1回でも便が出て、腹痛や苦痛がなければそれで構わないのです。そういうおおらかな気持ちも時には必要です。自分で出来る対策は出来る範囲で行い、主治医の先生にも相談しましょうね。

関連記事

コメントは利用できません。
SIDEEFFECTSと書かれたボードを持つjosei

抗精神病薬の種類って?抗精神病薬には、どんな種類のお薬があるの?

抗精神病薬って何? 初めてその名を聞く方には、少し怖い印象があるかもしれません。この「抗精神病薬」についてご説明いたします。抗精神病薬とは…

抗精神病薬とは一体なんですか?抗精神病薬とはドーパミンの働きを抑える効果のある治療薬

抗精神病薬という言葉は耳馴染みがない方も少なくないでしょう。名称から精神病に関する薬であるという事は想像がつくものの、詳しいところまではわか…

抗精神薬の処方は医療保険適応ですがさらに負担を軽減する制度があります。

【相談】 最近精神的に不安定な状況が続いているので心療内科を受診して抗精神薬が処方されました。これをしばらくは飲み続けて、定期的に通院して…

ページ上部へ戻る